ビタミンAというのはたくさんあるビタミンの中の一種であり、脂質に溶けるという特徴があります。そのため主には動物性の食品に含まれている栄養素であり、体内では皮膚や粘膜の乾燥を防いだり、視覚を正常に保ったり、子供の成長や細胞の代謝に関与しています。
そのため、ビタミンAが不足すると皮膚や粘膜が乾燥したり、夜盲症になったり、成長障害などの重篤な病気になる可能性があります。そのため、不足しないように食事から摂取することが必要なのです。
ビタミンAは動物性の食品に多く含まれているといいましたが、実はそれ以外にも摂取する方法があります。おすすめなのは青汁です。青汁にはベータカロチンなどのカロテノイドという栄養素を豊富に含んでいます。このカロテノイドは濃い色の野菜や果物に含まれており、体内に入るとビタミンAに変換されるのです。そのため、動物性の食品から摂取しなくても青汁から必要な量を摂取することが可能なのです。動物性の食品は大事な栄養素ですが、脂質を多く含んでいます。そのため過剰に摂取することは逆に健康を害してしまうのです。植物性の食品から栄養をとることが出来れば過剰な脂質を摂取せずに必要な栄養を得ることが出来ます。