日頃から貧血気味という方の中には、症状を改善するために鉄分を補給することを考えることもあるはずです。
鉄分が多く含まれている食材といえば、レバーやひじきといった海藻類などが有名ですが、これらを食事からとりいれても体内に吸収させるためには、吸収をサポートするビタミンCやたんぱく質といった栄養素も必要となってきます。
そのため、日頃の食事から上手にとりいれることはなかなか難しいといえるでしょう。
そこでおすすめなのが青汁です。
特に大麦若葉やケールをつかった青汁には鉄分が豊富に含まれていますので貧血の予防や改善に高い効果があります。
また主な原材料が野菜や植物ですので、鉄分の吸収をサポートするビタミンCも豊富ですし、それに加えて赤血球の形成を促すビタミン12や葉酸といった貧血の根本的な原因を改善するために必要な栄養素も含まれていますので、より貧血に対して高い効果を発揮することが出来るといえるのです。
このようなことから貧血対策を考えた時には青汁がおすすめなのです。
ただし、飲むだけで貧血が治るというわけではなく、あくまでもサポート的な役割であると考えて、日ごろの食生活や生活習慣の改善も行っていくことが貧血対策には重要です。