健康に良い青汁には、シモンを含むタイプもあります。
健康芋として知られている芋であり、ブラジルが原産地となります。
青汁に使用されるのは、おもに葉の部分と茎になります。
葉と茎のゾーンには、特に栄養素がたっぷりと含まれるためです。
天然のミネラル成分や、ビタミンAにビタミンE、ビタミンKなどの成分も、ほかの野菜に比べてみても、含有量は桁違いなものです。
栄養素によって、血液においては浄化作用が働きます。
また、腸内に蓄積する老廃物なども、一斉に除去していきます。
ビタミンKも豊富であり、抹茶よりもおおい2倍以上の栄養素を含みます。
ビタミンKの栄養素は強い骨を作るのには必須の成分であり、骨にカルシウムが定着するのを助けます。
シモンには桁違いとも言える食物繊維量がありますから、頑固な便秘に悩む人にも向いていて、老廃物を排除しますから、お腹周りもスッキリします。
レシチンの中性脂肪分解効果は、ダイエットのみかたとなってくれます。
豊富なビタミンEを含みますから、アンチエイジングも期待できます。
継続的に摂取することで、糖尿病予防にもなりますし、動脈硬化予防などの生活習慣病からも、人間の体を守ってくれる期待が持たれています。