青汁は緑黄色野菜を中心とした生野菜の絞り汁です。
使われているものの多くは、料理などに使うものですが、中には緑茶入りの青汁というのもあります。
緑茶は喉の渇きを癒やすだけでなく、カテキンなどの成分が入っていますから、飲めば健康に良いことは知られています。
ですが、単独で飲むよりも混ぜて飲むと相乗効果でさらに効果を期待できるのです。
まず味ですが、青汁は苦くて飲みにくいというのが一般的なイメージです。
ハチミツやフルーツを混ぜることで、甘くして飲みやすくしている商品もありますが、さっぱりとした後味を期待するのであれば、緑茶の味わいで、苦味などを消すのは最適です。
また、成分ということを見てみると、カテキンは脂肪の燃焼を促進させてくれます。
これに、緑黄色野菜から得られた食物繊維が加われば、腸内環境は整えれば脂肪も減り、高いダイエット効果を得ることが出来るのです。
それに、カテキンを摂取すれば強い抗酸化作用が働きます。
そこに緑黄色野菜に含まれる同じく抗酸化物質であるビタミン類を一緒に飲むことで、活性酸素を抑えて、アンチエイジング効果を期待できるのです。
抗酸化作用は肌の老化など美容のことだけでなく、がんの予防など健康のことにおいても重要なことですから、購入するときには緑茶入りかどうかを確認してから購入することです。