健康のために飲まれる青汁には、桑の葉が入った商品があります。
では、桑の葉が入っていることでどのような健康効果が期待できるのかというと、それは一つではありません。
最も目を引くのは、現代人の命を脅かす生活習慣病の原因としてよくあげられる血糖値や高血圧、肥満などを改善できる点です。
特に血糖値の改善ということですが、緑色野菜には血糖値低下作用があることは有名ですが、桑の葉はその中でも特に力がある植物です。
薬で血糖値を下げようとすると、どうしても副作用の心配が出てきますが、桑の葉は天然成分でもありますし、副作用の心配なく摂取する事ができます。
健康以外の働きを見てみると、肌荒れの改善や美白なども期待できます。
これは腸内環境を整える食物繊維と、クロロフィルが入っていることが理由です。
食物繊維で腸が整えられると、肌荒れを引き起こす自律神経の乱れ、ひいてはホルモンバランスの乱れが改善していきます。
ホルモンバランスが正常となれば、肌の新陳代謝が活発になり、古い肌細胞が新しい肌細胞に生まれ変わり、ハリと潤いのある理想的な肌になるのです。
一方でクロロフィルというのは、人間の血に含まれるヘモグロビンに似ていることから緑の血と呼ばれることもあります。
血液の中にある老廃物を排出してくれるし、抗酸化作用もあるので、肌を美しく白くしてくれるのです。