青汁にはよくケールが使われますが、これはケールはスーパー野菜と呼ばれるほど栄養価が高いからです。
食物繊維やビタミンなどのメジャーなものの他に葉酸、カリウムなど多くの栄養素が含まれています。
またこれらの含有量がキャベツや果物を凌駕しています。ビタミンAには粘膜に効果があるのでドライアイの予防に良いでしょう。
女性が気になる美肌効果があるビタミンCは冷え性にも効き目があります。
ケール特有の苦味はスルフォラファンやイソチオシアネートという栄養素に関係しており、抗菌作用があることから癌予防への効果が期待できる成分です。
これらのことからケールには日々の栄養摂取だけでなく病気の予防という効果があると分かります。
しかし青汁での摂取は苦味や独特の臭いがすることもあり飲み続けられないという方も多いのではないでしょうか。
そのような方は牛乳やりんごジュースで割ると飲みやすくなるので試してみてください。
粉末タイプで購入した場合はヨーグルトやホットケーキに混ぜても良いです。
継続する為にも味や臭いを我慢し続けることはあまりよくありません。
また青汁以外にも錠剤タイプも売られているのでこちらを使用するのも良いでしょう。