青汁には様々な栄養素が豊富に含まれていますし、私も言っていますが実際のところどういった栄養素が含まれているのでしょうか。

まず栄養素は使われている植物によって違います。
青汁に使われている植物として有名なものは大麦若葉やケール、明日葉などがありますがこれらでも栄養素が違います。
また、同じ大麦若葉でも生産地で栄養素の量が違ったりもします。

まずは植物別に含まれている主な栄養素を紹介します。

0clgzrq9

植物別主な栄養素(成分)

◇大麦若葉
食物繊維|ビタミンB1|ビタミンB2|カリウム|カルシウム|カロチン|

◇ケール
食物繊維|βカロテン|鉄|ビタミンB1|ビタミンB2|ビタミンC|カリウム|カルシウム|

◇明日葉
食物繊維|カリウム|ナイアシン|ビタミンB1|ビタミンB2|ビタミンK|ビタミンE|βカロテン|たんぱく質|カルコン|

◇桑の葉
食物繊維|マグネシウム|ビタミンB6|カルシウム|βカロテン|ビタミンE|

◇クマザサ
マグネシウム|リン|カリウム|鉄分|カルシウム|

◇長命草
ビタミンE|ビタミンA|ビタミンB1|ビタミンB2|ビタミンC|βカロテン|葉酸|亜鉛|リン|鉄|カリウム|マグネシウム|

◇モリンガ
鉄分|食物繊維|マグネシウム|亜鉛|βカロテン|ビタミンB2|ビタミンB6|

139352-298x300

こういった栄養素が主に含まれています。
含まれている栄養素の量に関しては使われている植物や青汁商品によって違います。
たとえば一般的には明日葉とケールを比較したとき食物繊維やカロテン、ビタミンの多くが明日葉の方が豊富ということなんです。
もちろんケールの方が豊富に含まれている栄養素もあります。
細かいところはそれぞれの公式サイトで確認していた方が良いと思います。

最近は上で挙げた植物がいろいろ配合されている青汁が多いです。

私は栄養素が豊富ということで明日葉を使用した青汁を飲んだりしているのですが、最近はクマザサやモリンガなどが使用されている青汁も増えてきてこういったものが含まれているものも飲んでいこうと考えていますね。