クマリンというのはポリフェノールの一種であり、セリ科などの植物に含まれている成分です。
そしてセリ科の植物の一つである明日葉にもクマリンは含まれていて、明日葉を用いている青汁の注目の成分の一つとなっています。
この成分がどのような効果があると言われているのかというと、抗酸化作用、抗菌作用、抗血液凝固作用などがあると言われています。
近年では活性酸素が老化の原因に繋がったりガンの原因となるなど身体に悪い影響を与えるという事で知られていますが、活性酸素の働きを抑える事によって、これらの症状や動脈硬化などの予防に役立つと言われています。
また、抗菌作用によって身体の中で悪さをする菌の働きを抑制して病気の予防や改善などに役立ちます。
抗血液凝固作用というのは血液が固まるのを妨げる働きがあり、例えば血管の中で血栓が出来ると脳梗塞や心筋梗塞などの原因となりますが、血栓が出来るのを妨げる効果によってそれらの病気の予防などが期待できます。
ここでは明日葉の中に含まれている成分であるクマリンについて説明しましたが、明日葉の青汁はその他にも栄養を豊富に含んでいて美容や健康にも良いために、野菜不足のヒトだけでは無く健康の事が気になる方に明日葉青汁はオススメです。