沖縄本島においては、サクナとかチョーミーグサとも呼ばれているのが長命草です。
青汁の含まれているタイプもあり、ボタンボウフウと和名では呼ばれる、セリ科の多年草になります。
特にエリアとしては、日本最南端である与那国島において、海岸沿いの崖によく見られます。
昔から料理にも使われてきましたし、民間薬としても使われてきました。
ミネラル成分や、健康にも必須のビタミン成分も豊富に含む植物です。
長命草には、高い抗酸化作用があります。ビタミンAやビタミンB2、ビタミンCやビタミンE、それにカルシウムやカロテン、ポリフェノールなども含んでいます。
クロロゲン酸やルチンやポリフェノールを含んでいることから、体内より活性酸素を除去する働きを持っています。
日常的な紫外線やストレスによって、体内の活性酸素はどんどん増えていきます。
細胞を傷つけますから、病気の発端にもなりがちです。そんな困った活性酸素を強力に除去します。
ビタミン成分も多く含むので、ポリフェノール効果もあって、紫外線などの活性酸素から皮膚細胞を守ります。
ビタミンCの持つ美白効果もありますし、肌の潤いも維持するため、美肌効果にもつながります。血液を改善するためにも役立ちます。