クロロフィルは別名葉緑素とも呼ばれています。主によもぎやほうれん草、小松菜といった光合成を行う植物やワカメなどの海藻に普通に含まれている成分です。
クロロフィルの持つ効用としては、まず発がん性が生じにくいということが極めて大きいです。染色体異常の発症を抑制する効果によりがん細胞の暴走も抑えることができます。次に、コレステロールの数値を引き下げる作用についても多数報告されています。
その他整腸作用や炎症を抑制させる作用、さらには消臭作用にも優れている成分でもあります。
クロロフィルは緑黄色野菜類や海藻を摂取することで摂取はできますが、日ごろ忙しい現代人にとってはこうした食材の摂取不足が心配される面もあります。そこで、手軽に補うための一つの方法が青汁です。
最もクロロフィル成分が含まれている青汁商品は大麦若葉を原材料としているタイプの商品です。大麦の若葉は、主に中央アジアを原産としており20~30cmクラスまで生育した新鮮な若葉を収穫していることを特徴としています。その若葉の成分には、カルシウムや鉄・亜鉛・ビタミンB1・食物繊維などたくさんの栄養素が含まれています。
これらの栄養素をバランスよくまた豊富に摂取できる大麦若葉の青汁を飲むことは健康によいと証明されており、評価が極めて高いです。