青汁の代表的な原材料の一つに明日葉がありますが、明日葉の茎や葉にはカルコンという特有の成分が含まれています。
これは他の野菜や植物には含まれておらず、1本の明日葉から数ミリグラム程度しか抽出することが出来ない非常に貴重なポリフェノールの1種です。
日本では、古来から薬効がある薬草として使われてきたもので様々な効果を持っています。
特に大きな魅力として挙げられるのが、本来、脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンアディポネクチンの発現量を高めることが出来るという点です。
これによって、メタボリックシンドロームの予防や改善を促すことができますし、現在は研究段階ですががんや糖尿病動脈硬化といった疾患にも大きな効果を発揮するといわれています。
また胃酸の分泌を抑える作用があるため、胃が痛いという時にもおすすめです。
それだけではなく、カルコンには体内の老廃物を取り除いたり、利尿作用もありますので、摂取することで新陳代謝を高めることに繋がり、健康面だけではなく美容面への効果も大きいといえます。
このように明日葉特有の成分であるカルコンには病気の予防や改善だけではなく、健康、美容面での高い効果も期待できるとして青汁に配合されていると嬉しい成分といえるのです。