青汁に含まれているカテキンは、コレステロールの抑制にも役立つ成分です。
日本人にも馴染み深いお茶特有のポリフェノールであり、お茶も持っている独特の渋み成分でもあります。
最も多く成分を含むのは緑茶であり、烏龍茶や紅茶にはそれほど奥は含まれていないです。
食中毒を防ぐ効果があるとして、昔から日本では緑茶を愛飲する習慣がありました。
低菌作用が高いた眼ですが、すっかりお茶の間にも溶け込み、食事やティータイムにも飲まれ続けています。
そんなカテキンには、様々な素晴らしい効果が期待できることになります。
抗酸化作用が高いために、風邪はもちろんのこと、インフルエンザなど、ウイルスを殺菌するパワーで感染を予防することにあんります。
口腔内の殺菌作用もあるので、口の中を清潔に保ち、虫歯や口臭も予防します。
抗酸化作用で細胞を守るため、生活習慣病も予防します。
コレステロールの吸収にも一役買いますから、コレステロール値の抑制にもなります。
血圧を上げてしまう酵素をセーブさせるため、血糖値が急に上がるのを防いでくれます。
アレルギー物質のヒスタミンを抑えますから、アレルギー発症を防ぐことにもなります。
脂肪燃焼効果を促進させることから、ダイエットにも効果があります。