青汁に豊富に含まれる成分のひとつにβカロテンがありますが、抗酸化作用があるので、定期的に摂取すれば、体の中から健康に導くことが出来ます。
動脈硬化やがんなどの病気を予防したり、コレステロールを低減するともいわれているので、普段の食事だけで摂取するのが難しいなら、青汁を飲むことをおすすめします。
βカロテンは緑黄色野菜などに豊富に含まれている成分で、体内に摂取されて腸までたどり着くと、そこでビタミンAに代わる性質があります。
ビタミンAは脂溶性のビタミンであり、過剰摂取はよくないものの、腸の中でビタミンAに変化するβカロテンの場合は、体に必要な量だけがビタミンAへと変化するので安心です。
βカロテンが豊富に含まれている野菜はケールですが、これには抗酸化作用があるだけでなく、ビタミンCやビタミンEなども含まれているので、美肌効果を期待できます。
視力を維持する効果もあるといわれているので、定期的に摂取するとよいでしょう。
ケールの青汁は苦味が強く、飲みにくいという方も多いですが、フルーツジュースをミックスしたり、牛乳や豆乳などを入れたり、ハチミツを加えて甘くすれば、飲みやすくなるので、味が苦手な方は試してみてください。